日和見菌の意味とは?その割合はどのくらいなの?

日和見菌の行動を見てみましょう。

乳酸くん
ねぇねぇ、オリゴさん。
腸内細菌って、ぼくら善玉菌と、憎たらしい悪玉菌の他にも、もう一群のグループがいるって話をしたよね。

オリゴさん
え~と、何てったっけ。
日和見菌だっけ。

乳酸くん
そう、勢力を見てから行動を決める、好かない奴さ。
「日和見」って言葉は、もともとは天気を見てから行動を決めるって言う意味なんだけど、周りの情勢を伺ってから強い方に付くヤツのことを、日和見野郎っていうんだ。



スポンサーリンク




オリゴさん
日和見菌って、どんな情勢を伺っているのかしら?

乳酸くん
それがね、ぼくら善玉菌と悪玉菌の勢いのある方につくんだよ。

オリゴさん
それじゃぁ、少数派なのね。

乳酸くん
とんでもない。
数量で言えば、ぼくらの5倍以上もいる最大勢力なんだけど。
方針がしっかりしていないから、ぼくら善玉につくか、悪玉野郎につくか、情勢をみているんだ。

オリゴさん
最大勢力なのに、方針がないなんて。
なんだか、日本政治の無党派層みたいなものかしらね。

乳酸くん
オリゴさん、すご~い。
まさにぴったりだよ。
与党と野党が競っている状況で、無党派層の票で流れが決まってしまう日本の政治みたいのものだな。
簡単なアニメで説明するから、下の動画をみてごらん。



日和見菌の習性

動画の内容を、簡単な図に表しました。

日和見菌は、本来は、人体には無害ですが、特に良い働きをするわけでもありません。
しかし、善玉菌か悪玉菌か、勢力が強い方に同調して、同じような動きを始めます。

20151110c
そのため、悪玉菌が優勢になると、多数を誇る日和見菌集団が悪玉の支援をするので、腸内環境は最悪になってしまいます。

だから、ビフィズス菌や乳酸菌を支援して、常に善玉菌が優勢な環境を維持する必要があります。


スポンサーリンク



日和見菌の正体

代表的な日和見菌は、「バクテロイデス」、「大腸菌(病原性がない)」、「連鎖球菌」などです。

中でも最も多いのは、バクテロイデスです。
基本的には病気の原因にはなりませんが、24時間風呂で有名になったレジオネラ症とか、MRSAとか、免疫力が低下している人に悪さをする「日和見感染症」の原因にはなります。

病原性がない大腸菌も、連鎖球菌(ブドウ球菌の反対語的な)も、一部の種類を除いては、あまり悪さをする菌種ではありません。

適正な割合は

腸内細菌群は、善玉菌と悪玉菌と日和見菌で構成されています。

人体にとって理想的な割合とはどんな比率でしょうか。

善玉菌が、悪玉菌よりも少なくなると、腸内環境が最悪になるので、善玉菌が多くなければなりません。

そうは言っても、善玉菌が腸内全体を満たすほどの量はありません。
学者の研究によると、

本文善玉菌:日和見菌:悪玉菌の割合
2:7:1
が理想的だと言われています。

20151110s
関連記事
⇒ 善玉菌:善玉菌の種類ってなにがあるのかな。
 ⇒ 悪玉菌:腸内細菌の悪玉菌はおならを臭くする

乳酸くん
最大勢力が、力を持っていないなんて、驚いたんじゃない。


オリゴさん
いいえ、わたしだって、政治には無関心の無党派層だから、偉そうなことは言えないわ。


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です