腸内細菌の善玉菌にはどんな種類があるのかな。

そもそも善玉菌とは

オリゴさん
乳酸くんって、乳酸菌なんだよね。

乳酸くん
そうだよ、ぼくは乳酸菌の代表だよ。
今更、改まってどうしたの。

オリゴさん
時々『善玉菌』って言葉を聞くでしょう。
善玉菌って、なぁに。

乳酸くん
なぁんだ、そんなことか。
善玉菌っていうのは、人間の役に立つ微生物のことさ。

オリゴさん
じゃぁ、酵母や発酵菌は善玉菌なの?

乳酸くん
そうじゃないんだ。
善玉菌とか悪玉菌っていうのは、腸内細菌について言う言葉なんだよ。
つまり、人間の腸の中に住み着いている菌のことさ。
だから、酵母や発酵菌は、善玉菌とは言わないよ。


オリゴさん
ふーん、もっと詳しく知りたいな。



スポンサーリンク



善玉菌の名付け親は、光岡先生

乳酸くん
善玉菌という名前は、東京大学名誉教授で
公益財団法人「日本ビフィズス菌センター」顧問の
光岡知足先生が、ビフィズス菌に対して名づけた名称なのさ。


オリゴさん
じゃぁ、ビフィズス菌じゃないから、乳酸くんは善玉菌じゃないの?


乳酸くん
ぼくら乳酸菌は、もちろん善玉菌だよ。
『善玉菌=ビフィズス菌』は、善玉菌の最初の定義みたいなものだけど、その後の研究で、ビフィズス菌以外にも善玉菌と呼ばれる菌種が見つかったんだよ。


オリゴさん
良かった。
乳酸くんが悪玉菌だったら、わたし、お付き合いを止めようと思っていたの。


乳酸くん
そんなこと言わないでよ。
乳酸菌とオリゴ糖は、最高の組み合わせなんだから。



スポンサーリンク



善玉菌

善玉菌と悪玉菌の働きは、腸の中に住み着いている菌自体の作用というよりも、その代謝産物が人間の役に立つかどうかで分けられます。

善玉菌の代謝産物は、人間の役に立ちます
悪玉菌の代謝産物は、人間のになります



腸の中には、もう一つの菌群がいます。
日和見菌と言って、役に立たないが害にもならない奴らです。



日和見(ひよりみ)の本来の意味は、天気の様子を伺ってから行動を決めることですが、そこから転じて、主義主張がなくて周りの状況に流される考え方を、日和見主義と言うようになりました。


善玉菌の働き

善玉菌は代謝産物として、有機酸類やビタミン類などを産生します。

ビフィズス菌は善玉菌の代表選手です。
ビフィズス菌が産生する、酢酸、乳酸、ビタミンB群、葉酸などは、人間にとって有益なのです。

特に、ビフィズス菌が生み出す酢酸には強い殺菌力があり、悪玉菌の繁殖を抑制することができます。

酢酸は「お酢」として飲んでも、消化の途中で吸収されて大腸まで届かないため、大腸内での働きを期待する場合はビフィズス菌が必要なのです。


善玉菌の種類

主要な善玉菌は、次の2種類です。
★善玉菌の種類★
ビフィズス菌  99.9%
乳酸菌     0.1%
20151108a
腸内における善玉菌の量的分布を見ると、ほぼ全てがビフィズス菌なのです。

最近よく宣伝されている乳酸菌はわずかに0.1%しかいません。

オリゴさん
なぁんだ、乳酸くんは、善玉菌でも少数派なのね。

乳酸くん
そういう言い方をするもんじゃないよ。
ぼくら乳酸菌は、ビフィズス菌とは違った重要な役目があるんだ。
その働きを別のページで説明するから、ちゃんと読んでよ。

(注:乳酸菌の働きのページは、まだ未完成です)

⇒ 腸内細菌の悪玉菌はおならを臭くする
⇒ 日和見菌の理想の割合はどのくらいなの?

順番に読んでいくと、腸内細菌のことがよく分かるよ。





スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です